美野里豊川稲荷ヘッダ

美野里豊川稲荷解説

愛知県 豊川稲荷

豊川稲荷のご本山は「愛知県豊川市豊川町1番地」にあり、「妙厳寺」という曹洞宗の禅寺の一隅に祀られ「曹洞宗の修行道場」となっております。

美野里豊川稲荷ご本尊

愛知県豊川稲荷よりご分身を賜り、『美野里豊川稲荷』として当院に奉納しております。
ご本尊は愛知県豊川稲荷と同じ「ダキニシンテン」を奉祀しております。

豊川ご本尊のいわれは、第84代順徳天皇の第三皇子たる「寒巌義尹禅師」が鎌倉時代の文永元年(1264年)入宋求法、同4年帰朝のためご乗船の際、海上に霊神が現れ、妙相端麗稲穂を荷ない、手には宝珠を捧げ、白狐にまたがるお姿にてご神示あり。
禅師は深く感動され、帰朝後、示現のお姿を自ら刻み、守護神として祀られました。これより代々相伝され、6代目の法孫「東海義易禅師」が豊川の地に禅寺「円福山妙厳寺」を開創と共に鎮座し、爾来幾多の霊験を現じ、福徳と神、抜苦与楽の神として、現代まで広く崇仰されてきました。