仏様の声

当院の大梵鐘には『南無本師釈迦牟尼仏(なむほんししゃかむにぶつ)』『高祖承陽大師(こうそじょうようだいし)』『太祖常済大師(たいそじょうさいだいし)』と刻字されています。「釈迦牟尼仏」とはお釈迦様、「承陽大師」は曹洞宗の開祖道元禅師、「常済大師」は曹洞宗を拡めた瑩山禅師です。三師を称して「一佛両祖」と言います。

大梵鐘の音に一佛両祖の正法をのせて遠くまで響かせることで、1人でも多くの人が苦しみや悲しみから救われて欲しい、という願いが大梵鐘には込められています。大梵鐘の音には、仏様の声が宿っています。

自由打鐘期間

下記の期間に参拝された方は、どなたでも大梵鐘をお撞きいただけます。

  • 正 月:1月1日~7日
  • 春彼岸:3月彼岸入り~彼岸明け
  • お 盆:8月10日~15日
  • 秋彼岸:9月彼岸入り~彼岸明け
  • 大晦日:12月31日23:00~翌2:00