茨城県曹洞宗
萬松山鳳林院 縁起

当院は、応永年間(1394~1428)初期に小川(小美玉市)の出城である高原(小美玉市)城主高原四郎影政公(1396年5月13日示寂)の開基により開山されたと伝えられる。その後、1481年3月、日立市大雄院二世信中永篤大和尚を拝請し開闢、と過去帳には記される。

開闢約100年後の天正年間(1573~1593)に府中(石岡市)の出城、竹原(当院西方城跡)城主竹原四郎義邦公(1578年6月晦日示寂)により、田畑土地一切の寄進を受け菩提寺として再興される。さらに1648年8月には、徳川三代将軍家光に朱印十石を賜る。当時は、三門・仏殿・法堂【ハットウ】・僧堂・庫院・浴室・東司【トウス】(御手洗)の七堂伽藍という寺院が具すべき建物が完全に整備され、多くの修行僧が日々厳しい修行の中で仏教を学んでいた由緒ある禅宗の名刹である。

鳳林院の院名である鳳凰は、平和な世にのみ姿を現し、飛翔する時には、その徳により雷も嵐も起こらず、河川も溢れず、草木も揺れないという。古より院名にその願いを込め、地域民人の和平福壽を祈願し、世の栄枯盛衰怒濤の歴史を苔むすが如き深山静寂の中で躍如とさせ、500年以上の歳月を檀信徒護持のもと現在にいたる。